池田葬祭 池田大仏堂グループ 鹿児島県鹿屋市を中心に、葬儀・葬式・家族葬を承っております。

鹿屋市 池田葬祭 葬儀・葬式・家族葬
よくある質問

よくある質問

皆さまからよく寄せられるご質問とその答えをご紹介します。

Q.死亡時間が真夜中でも電話をしてよいですか?

A.深夜・早朝に関わらずご遠慮なくご連絡ください。365日24時間で受付ております。

Q.病院から自宅に帰らずに直接斎場へ入る事は可能ですか?

A.365日24時間受け入れ可能な安置施設を完備しているので、ご自宅へ連れ戻れない場合でもご安心ください。

Q.訃報をお知らせする範囲を知りたいのですが

A.一般的には、親族、故人の関係者(友人、知人、会社関係、学校関係)、遺族の関係者(友人、知人、会社関係、学校関係)、地域町内などです。

Q.納棺するとき、棺に入れてはいけない物ってありますか?

A.火葬に支障があるものはNGです。例えば、メガネ・ライター・ゴルフクラブ・アクセサリーなどの金属製品がその一例です。詳しくはスタッフにお尋ねください。

Q.仏式以外でもお葬式は行えますか?

A.宗旨・宗派を問わず、仏式・神式・友人葬・キリスト教などすべての葬儀を本格的なスタイルでご提供いたします。また、無宗教葬・大型社葬も対応しております。

Q.少人数でも葬斎場でお葬式はできますか?

A.少人数でも心温まるセレモニーを行える式場を完備しております。

Q.人と遺族の信仰が異なっているのですが、どうすればいいですか?

A.葬儀は故人の死を悼んで行われるものですから、故人の遺志と信仰を最優先するべきでしょう。

Q.喪主と施主の違いとは何ですか?

A.喪主とは遺族の代表者のことで、施主とは葬儀費用を払う人を指します。一般的には、喪主と施主は同一の人がなることが多いです。

Q.葬斎場では宿泊は可能ですか?

A.はい、通夜から告別式の終夜付き添いいただけます。お休みなられる場合は貸布団の手配も可能です。

Q.「忌中」と「喪中」はどう違いがあるのですか?

A.四十九日までの期間を「忌中」と言います。これが過ぎると「忌明け」となり、神棚の半紙などを取り除き、神社へのお参りができるようになります。また「喪中」は一年間となります。

Q.故人名義の預金は、通帳・印鑑があっても引き出せないのですか?

A.死亡後、故人名義の銀行預金は、相続される財産となります。銀行はトラブルを避けるため故人名義の預金払い戻しには厳重な手続きを求めることが多いようです。

Q.永代供養をしていただけるお寺様はありますか?

A.身寄りが居ない、後継ぎが居ない、子供に負担をかけたくないなどでお困りの方に、お寺様をご紹介させたいただきます。

鹿屋市 葬儀・葬式・家族葬 お問い合わせ